ピンクのアジサイ

人工木材でもお手入れは必要

上から見たウッドデッキ

ウッドデッキを人工木材で作った場合、天然木材と違って虫に食われたり棘が刺さったりする心配がありません。特殊塗装されている人工木材の耐久性は非常に高く、いつまでも作ったときのきれいな状態を保つことができます。ですが、全く手入れが必要ないというのでもありません。設置した場所によっては、なにも手入れをしないとカビやコケが生えてしまい、見た目が良くないという結果となります。
お手入れ方法は難しく考えずに、中性洗剤や水だけで汚れを取り除けば大丈夫です。コケやカビを綺麗にする場合、デッキブラシやステンレス製のワイヤーデッキブラシを使いたくなりますが、あまり硬いブラシでゴシゴシ擦ると人工木材が傷ついてしまうので、柔らかなスポンジなどで木目に沿って同じ方向へ向かって動かしましょう。有機系や石油系の洗剤も人工木材の変形や変色を起こす原因となりますので、使わないようにしてください。どうしても水洗いや中性洗剤では落ちない汚れがあったならば、紙やすりでそっと擦れば目立たなくなります。あまり力は入れず、やさしくこすってあげるようにしましょう。汚れが取れたら水で良く流し、乾いた布で乾拭きすることをおすすめします。

ピックアップ

くつろぐ猫

ウッドデッキで人工木材を活用する

一戸建て住宅に暮らしていて、リビングルームの前が無防備に感じられてしまったことはありませんか。これから防犯対策を検討するうえでも、ウッ…

詳細を読む
はしゃぐ子供

長持ちする!人工木材のウッドデッキ!

以前はウッドデッキといえば、本物の木を使ったものが主流でしたが、最近は人工木材を使ったものが多く出回っています。色や種類も豊富…

詳細を読む
上から見たウッドデッキ

人工木材でもお手入れは必要

ウッドデッキを人工木材で作った場合、天然木材と違って虫に食われたり棘が刺さったりする心配がありません。特殊塗装されている人工木材の耐久…

詳細を読む

ヘッドライン

シャボン玉をする子供

安全で長持ちする人工木材のウッドデッキ

ガーデニングが趣味の人や自宅の庭をリフォームしたくなった時は、ウッドデッキを設置するのがおすすめです。リビングが延長したように…

詳細を読む